転載・引用について

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Site Contents Index

転載・引用について

RSS

networkapp:funcload

Funkload

Web Performance測定系の記事を、別にまとめたいとは思っている。が、思っているだけ。

今回は、取り敢えず、OS-Xに Funkload をInstallしてみた。 Install対象は、OS-X High Sierra。なので、HomeBrewを利用した。

FunkloadはPythonで記述されたWeb Performance測定系のシステムである。

OS-Xのシステム(少なくともLeopard以降High Sierraまで)には、標準でPythonが導入されていることが確認されている。

  • 2014/01/16時点の最新のMavericksにはPython2.7.5が入っていた。
  • 2017/07/12時点の最新版(とは言えdevelopers beta)には、Python2.7.10が入っていた。

Funkloadはこれで動作するはず。

というわけで、以下Install手順。

  1. まず、gnuplotを導入。
    • brew install gnuplot
  2. virtualenvを利用して、汚染されてもよい環境を作る
    • Web Siteは、場合によってSiteが汚染され、Virusや変なJavaScript、Japa Applet等が【意図せず】に置かれている場合がある。
      • 本来、こういうのは奇麗に除染するべきだが、それは別の話題。
    • このような汚染されている環境対して「間違って・意図せずに」測定をすると、測定環境が汚染される恐れがあるので、汚染されてもよい環境を作る
    • $ curl -O http://python-distribute.org/distribute_setup.py
      $ sudo python distribute_setup.py
      $ sudo easy_install pip
      $ sudo pip install virtualenv
      • Pythonに関してはよく判らなかったので、distutils, setuptools, distribute, pip, virtualenv, buildout 再掲を参照した。簡単にまとめると、
        • easy_install: Rubyに於けるgemのようなもの。要するにPython Packageを管理するためのコマンド
        • distutils: Python標準パッケージ。最小限のパッケージ管理に使う
        • setuptools: (恐らく)Obsolete。標準のdistutilsを拡張したもの
        • distribute: setuptoolsからforkしたクローン。現在はこちらが主流の模様。Python3を利用するならこっち必須
        • pip: easy_installと同様の機能を提供するコマンド。PyPI(Python Package Index)から自動でPackageを取得するなど、利便性が向上する
        • virtualenv: Python仮想環境を構築する。
        • なお、Pythonでeasy_installで導入したpackageをUninstallする方法はよく判らない。
  3. VirtualEnv上に環境を作って、FunkloadをInstall
    • $ mkdir /tmp/Funkload
      $ cd /tmp/Funkload
      $ virtualenv .fl
      $ source .fl/bin/activate
      $ pip install funkload

取り敢えず、導入は出来た。使い方は、色々使ってみてから。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
networkapp/funcload.txt · 最終更新: 2017/07/12 11:06 (外部編集)