転載・引用について

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Site Contents Index

転載・引用について

RSS

os:freebsd:updateproxy

FreeBSD-update と pkg を Proxy経由で動作させる

Last Update: 2017/01/17

2017年1月17日現在、FreeBSDのUpdate Server及びpkgのUpdate Serverは日本国内にない。 しかし、昨今のSecurity対応などで、SのUpdate頻度は上がる一方であり、freebsd-updatepkg updateにお世話になる頻度は高まる一方である。

1台〜精々数台であれば、サーバーごとにupdateすればいいのだが、さすがに20台を越えてくると、update時の通信量や時間がバカにならないので、Proxy Cacheを経由させて少しは負担を軽くしようと思い立ったので、そのメモ。

基本構成

Proxy ServerはFreeBSD+NGINXで構成する

  • freebsd-update用のProxy-Cache Serverをfbupd.example.com
  • pkg用のProxy-Cache Serverをfbpkgupd.example.com

とする。なお、portsnap用も同じ要領で作成できるが割愛する

下準備

書きかけ

FreeBSD/NGINXのサーバーを構築する。対外接続できるようにすること。

freebsd-update の対応

書きかけ

  1. /etc/freebsd-update.confを修正
  2. NGINXの設定
  3. DNSの登録

pkg の対応

書きかけ

  1. /usr/local/etc/pkg/repos/FreeBSD.confを修正
  2. NGINXの設定
  3. DNSの登録
os/freebsd/updateproxy.txt · 最終更新: 2018/05/14 13:33 (外部編集)