転載・引用について

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Site Contents Index

転載・引用について

RSS

tweet:2017:0206_01

Vulsrepo on nginx with FreeBSD

NGINXは標準ではCGIを動作させることができない。そこで、fcgiwrapを利用して動かしてみる。

http://qiita.com/hmikisato/items/c793ced0ba2695a89de6を参考にした。

  • pkg install nginx fcgiwrap
  • pkg install p5-CGI p5-JSON

で、fcgiwrapの設定。rc.confに以下を記載

nginx_enable="YES"

fcgiwrap_enable="YES"
fcgiwrap_user="monitor"
fcgiwrap_socket_owner="monitor"
fcgiwrap_socket="unix:/var/run/fcgiwrap/fcgiwrap.socket"

nginx.confを以下のように編集

load_module /usr/local/libexec/nginx/ngx_mail_module.so;
load_module /usr/local/libexec/nginx/ngx_stream_module.so;

worker_processes  1;
user monitor;
events {
    worker_connections  1024;
}

http {
    include       mime.types;
    default_type  application/octet-stream;
    sendfile        on;
    keepalive_timeout  65;
    server {
        listen       80;
        server_name  localhost;

        location / {
            root   /home/monitor/htdocs/vulsrepo;
            index  index.html;
        }

	location ~ \.cgi {
		include		fastcgi_params;
		fastcgi_pass	unix:/var/run/fcgiwrap/fcgiwrap.socket;
		fastcgi_param	SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
		root		/home/monitor/htdocs/vulsrepo;
	}

        error_page   500 502 503 504  /50x.html;
        location = /50x.html {
            root   /usr/local/www/nginx-dist;
        }
    }
}

そして、nginxとfcgiwrapを起動

# service fcgiwrap start
# service nginx start

次にvulsrepoを導入。 Document rootを/home/monitor/htdocs/vulsrepoにしてあるので、以下を実行。

mkdir -p ~monitor/htdocs/vulsrepo
chown -R monitor:staff ~monitor/htdocs

次に、vulsrepoをgithubから取得

monitor$ cd /home/monitor/htdocs
monitor$ git clone https://github.com/usiusi360/vulsrepo.git

vulsの出力を取り込む必要があるので、

monitor$ vuls scan 
monitor$ vuls report -to-localfile -format-json --cvedb-path=/home/monitor/vuls/cve.sqlite3  

を実行した上で、

monitor$ cd /home/monitor/htdocs/vulsrepo
monitor$ ln -s /home/monitor/vuls/results .

これで、Browserからアクセスすれば、Vulsrepoの出力が見れるはず。

重要

vulsrepoのcgi script(vulsrepo/dist/cgi/getfilelist.cgi)は、sh-bang!形式で、先頭行に#!/usr/bin/perlと記載されている。FreeBSDの場合、perlをpkgで投入すると、#!/usr/local/bin/perlに修正する必要があるので、注意すること

あとは、毎日の更新問題だけ。 以下のようなscriptをcronでdailyに動かせばOK

#! /bin/sh

##### Main Routine
. ~/.goenv.sh
DATE=`date "+%Y"`

${HOME}/go/bin/go-cve-dictionary fetchnvd -years ${DATE}
${HOME}/go/bin/go-cve-dictionary fetchjvn -years ${DATE}

# Run vuls
cd $HOME/vuls

${HOME}/go/bin/vuls scan
${HOME}/go/bin/vuls report -to-localfile -format-json --cvedb-path=${HOME}/vuls/cve.sqlite3
このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
tweet/2017/0206_01.txt · 最終更新: 2018/05/14 13:51 (外部編集)